過払い金が発生している場合の傾向について

消費者金融などから何年にもわたって借金をしているときには、利息制限法で規定されている利率で再計算を行うことで、過払い金が生じている場合があります。おおむね10年以上借り入れをしているときには過払い金が生じていることが多く、数十万円以上になっていることも考えられます。

傾向としては少額の借り入れが長く続いていて、最近になって借り入れ金額が大きく増えた人の場合には過払い金が生じにくく、早い段階から借り入れ金額の枠が大きくて、長年融資を受けてきた人の場合には生じやすいと言えます。

快適な暮らしを実現するためのアコムの過払い金の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

2010年の6月より貸金業法が改正されたために、貸金業者が年率で20%以上の金利で融資を行ったときには刑事罰を受けるようになりました。
そのために現在では利息制限法に基づいて、10万円以上から100万円未満の貸付については年率で18%までしか金利が付けられないようになっています。元々の借り入れている金額に対する金利が、利息制限法で規定されている利率であれば問題ありませんが、利息制限法の金利を超えている利率で融資を受けていたときには、過払い金が発生していることになります。

弁護士が債務整理などの依頼を受けたときには、貸金業者に対して取引履歴の開示を請求することになります。
貸金業者から取引履歴を取り寄せることができると、再計算を行うことで過払い金の計算ができます。

利便性を重視したGirls Channelの情報をお知らせいたします。

弁護士に依頼することによって、訴訟にならずに簡単に取り戻せるケースがありますが、貸金業者の業績が悪化していて苦しい状況のときには、訴訟になることも考えられます。